MARUYO_023.jpg

Rooms

桧の板塀をのぞみながら大門をくぐり、暖簾を分け入るとそこは異空間。MARUYO HOTELは、今と昔、外と内を繋ぐ場所です。古今東西が交じりゆくイメージを大切にデザインしました。

 

[room 0] 

MARUYO HOTELの近隣にある明治時代の洋館・六華苑は、鹿鳴館を設計したことで有名なジョサイア・コンドル作。コンドルをオマージュした洋室は、漆喰の白壁と瀟洒なインテリアが居心地の良さをつくりだしています。夜になり大門を閉じると、仏蘭西のアンティークガラス戸越しにプライベートガーデンが現れ、ゲストの眼に美しく映える空間となります。

 

[room 1] 

夜空のように青みがかった黒漆喰の床の間が印象的な主寝室。視点を庭に転じると、雪見障子越しにみえる坪庭の苔が黒塀に映え、洗面室から緩やかにつながる戸外には桧の露天風呂が。夜は月明かりに美しく照らされ、朝は爽やかな空を眺める贅沢な時間。夜と昼、2つの顔が存分に愉しめる空間には、穏やかでありながら非日常の時間が流れます。

 

[ Lounge & Dining room]

1階のラウンジは、土壁に包まれながら読書やティータイムが楽しめる空間として。2階のダイニングルームは、語らいやお食事の場としてお使いいただけます。眼前に広がる川沿いの景色を眺めていると、過ぎし日の旅人たちの往来の風景が浮かび上がり、タイムスリップしたような感覚を覚えます。この家が建てられた当時のままの土の荒壁は、70余年もの歳月を醸し出しているよう。この場所にたゆたう悠久の時の流れと情景をお楽しみください。 

​2ベッドルーム、2.5バスルーム、ラウンジ、ダイニング

合計:120㎡

​MARUYO Hotel semba

三重県桑名市船馬町23

© 2020 MIWA HOLDINGS / MIWA  ALL RIGHTS RESERVED.

ご予約電話番号 : 090 2773 0004